9月9日 重陽の節句

◆9月9日 重陽(ちゅうよう)の節句
もっとも大きな奇数(陽)が重なる日として、重九(じゅうく)とも呼ばれ、大変めでたい日とされてきました。
邪気を祓うことはもちろんですが、中国ではこの日、菊の花を飾り、愛でるという風習があります。
菊は不老長寿の薬草とされていて、菊が咲き誇るこの時期に、その菊の花をお酒に浮かべる「菊酒」を飲んでいました。
日本では奈良時代から、宮中や寺院で菊を鑑賞する行事が行われていますが、一般的にはあまり知られていないようです。

不老長寿の薬草とされていて、菊が咲き誇るこの時期に、その菊の花をお酒に浮かべる「菊酒」を飲んでいました。
日本では奈良時代から、宮中や寺院で菊を鑑賞する行事が行われていますが、一般的にはあまり知られていないようです。

法華宗宣法山妙源寺

〒047-0036 北海道小樽市長橋3丁目13番9号
TEL・FAX:0134-32-1958

  • 法華宗 真門流