盂蘭盆会施餓鬼法要

新型コロナウイルス対策として、クーラーを付けながら窓を開け、本堂に上がる前とお焼香の前にアルコール消毒をしていただき、マスク着用の上、無事に法要を終えることができました。

誠にありがとうございました。

また、お盆期間中に来山いただいた方々のご理解ご協力にも重ねて御礼申し上げます。

一年前には考えられなかった生活習慣が、慣れてきている自分にふと違和感を感じることがあります。

ですが、人のために、自分のために、そして生きていくために、気をつけなければならないので、もうしばらく辛抱しましょう。

このように、健康に平和に生きていることが『徐々に変化すること』や、『寝て起きたら全く違う現実が待っている』ことで、日々の幸せに気付かされます。

『普段』『普通』『当たり前』が『幸せ』だと気付きます。

日々感謝して生きることは簡単なことではありませんが、お盆やお彼岸、大切な方の命日などには改めて仏様、ご先祖様に『報恩感謝』をしていただきたいと強く思います。

忘れてはいけません。

私たちは生かされていることを。

見守られていることを。

合掌。

副住職勝惇 之記

法華宗宣法山妙源寺

〒047-0036 北海道小樽市長橋3丁目13番9号
TEL・FAX:0134-32-1958

  • 法華宗 真門流